しめつけない下着とは?

しめつけない下着、ふんどしパンツ、ふんティーなど
下着屋さんで見かけたり、聞く機会が増えてきたのではないでしょうか^^

今、下着屋さんに行くと、しめつけない下着コーナーがあるのを
見たことがあるかもしれません。

しめつけない下着ってどんな下着なのか、
メリットやデメリットもお伝えします^^

下着は、身体をしめつけてる?

「ブラジャーやショーツが、なんだかきつくて、1日苦しかった…」
「夜、脱いでみたら、ゴムの跡がついていた…」

なんて経験はないでしょうか^^

私たちが、小さい頃から当たり前に付けている下着。

実は、気づかないうちに身体をしめつけているかもしれません…!

ショーツをつける場所の腰回りには、血管リンパが流れています。

ここにゴムがあたったり、伸び縮みする布でしめつけたりすると
血流やリンパの流れを、妨げてしまう、と言われています。

ショーツがしめつけるポイントは3つあります。

  1. 足回りのゴム
  2. お腹周りのゴム
  3. 小さい布を伸ばしてつけるショーツの構造

1つずつご紹介します。

しめつけポイント1つ目は、『足回りのゴム』

しめつけポイント①足まわりのゴム

足のつけ根には、太い血管リンパが流れています。

市販のショーツの足まわりには、ゴムが入っています。
(ズレにくくなり、着心地をよくするためです)

足まわりのゴムが、身体をしめつけて
血管やリンパの流れに影響があると言われています。

しめつけポイント2つ目は、『お腹回りのゴム』

しめつけポイント②お腹まわりのゴム

腰やお腹には、内臓やリンパがあります。

市販のショーツのお腹の部分のゴムがきつ過ぎると

身体をしめつけて、内臓やリンパの流れに影響があると言われています。

しめつけポイント3つ目は、『小さい布を伸ばしててつけていること』

しめつけポイント③小さい布を伸ばしてつける構造

市販のショーツは、実は、小さな布を伸ばして身体につけてます。

そのためショーツをつけると、
その部分の身体は締め付けられます。

※ふんどしパンツやしめつけない下着は、
 身体と同じくらいか、大きな布をふわっと着る構造になっています。

ブラジャーは、ワイヤーやゴムが、わきの下のリンパや、胸腺をしめつけ、血流の流れを妨げると言われています。

下着が身体さんをしめつけると、こんな影響があると言われているの

下着がしめつける影響

  • 冷え …血流を妨げるため、冷え性の原因に
  • 代謝不良…血流やリンパの流れを妨げ、老廃物や栄養をスムーズに運びにくくなるため、代謝不良の原因に
  • 免疫力低下…血流やリンパの流れを妨げるため、免疫力も低下の原因に
  • むくみ…血流やリンパの流れを妨げ、不要な水分や老廃物をスムーズ運びにくくなるため、むくみの原因に
  • 便秘…内臓をしめつけ、血流不良は、大腸の動きを妨げて便秘の原因の1つに
  • 生理痛…血流の流れ不良が、血管を収縮につながり、生理痛の原因の1つに
  • 自律神経の不調…身体をしめつけることで皮膚から神経へと刺激が、自律神経の乱れの原因の1つに
  • イライラ…心と身体はつながってます。身体を締め付けることでイライラや不安などの原因に

しめつけない下着って?

しめつけない下着は、

  1. 足まわり ・・・ゴムをはず
  2. お腹周り ・・・ などしめつけない素材に変えるか、ゴムをゆるくつけて、
  3. 大きな布をゆったりつける構造でつくる

からだをしめつけない下着のことをいいます。


日本人が昔からつけてきたふんどしをヒントに開発され、それが流行したので、

ふんどしパンツや、ふんティなどと呼ばれることもあります。

手づくりでもたくさん売っていますし、
下着屋さんに行くと、しめつけない素材や構造の下着を目にすることがあると思います。

いろいろな形素材のしめつけない下着があるから、
自分に合うのを見つけてみるのも楽しいかも!

心地いい下着で毎日が心地よく過ごせますように*

しめつけない下着は何がいいの?

身体をしめつけないことで、

血流やリンパが本来の流れを取り戻す

ことができると言われています。

冷えや、むくみ
しめつけが原因の便秘
血流の流れが悪いことが原因の生理痛
免疫などに
効果があると言われています。

ゴムの締め付けがなくなるため、

身体にゴムの跡がつかなくなる、
ゴム跡のかゆみががなくなる、
ショーツのよるお尻の段差がなくなって
パンツ姿がきれいになる、
という声もあります。

また、身体のしめつけがないことで、
自律神経の働き正常に保ったり、
心がゆったり過ごすのを助けたりすると言われています。

※個人差があります。

※すぐ治らない不調は、自己判断せずに医療機関で診察ください

しめつけない下着と市販の下着、両方使いもおすすめ!

女性の身体と心は人それぞれ。

しめつけない下着のよさがわかっても、
全ての人に合うわけではないと思います。

最初からすべてしめつけない下着に変えるのではなく、
1日や1週間のうちどこかでしめつけない下着を取り入れてみる
というのもおすすめです。

例えば、


おうちに帰ってきて、お風呂に入ったあとにはしめつけない下着をつけて、
夜のリラックスタイム寝ている間
身体をしめつけから解放してあげる。

お仕事の間は市販の下着で過ごして、
休日はしめつけない下着をつけて
心も身体もリラックスしてみる、

そんな使い方もいいかもしれません^^

締め付けない下着を取り入れるときに、1番大切なのは

心も身体も心地よく過ごす

こと。

自分の身体や心の声をよく聞いて、
自分の心地よいスタイルを見つけて、
心地いい毎日を過ごしていくお手伝いを
しめつけない下着たちが出来たらいいな、と思います。

女性のみなさんが一人一人心地よく毎日を過ごしていけますように…☆